40代で子育てを始めたけんたろブログ

40代で結婚し一児の父となったけんたろが子育てについて思いや家族について書いています。


嗅覚異常がずっと続いていました。

こんにちは、けんたろです。2022年2月上旬に新型コロナウィルスに感染したという記事を書きましたが、いまさらながら続きがあります。


新型コロナウィルス感染後

感染後、自宅療養し幸いに重症化せず回復はしたものの、3週間ほど何を食べても味を感じづらい(正確には嗅覚が鈍感になっていたような感じ)症状が続きました。また、嗅覚が鈍感になったタイミングでときどき焦げ臭い、埃っぽい臭いも感じるようになり、初期の頃は自宅が埃っぽいのかなと外部要因を疑っていましたが、どうやら自分の嗅覚がおかしくなったんだなと自覚をし始めました。

 

新型コロナウィルス回復後

3週間ほど経ち味覚がほぼ回復したものの、焦げ臭い、埃っぽい臭いを感じる症状は続いていましたが、あまり生活に支障が無いのでしばらく様子を見るという自己判断の元、放置をしていました。

 

しばらく放置、からの告白

昨日、妻との雑談の中で「そういえば新型コロナウィルスに感染した後に嗅覚がおかしい」という話をさりげなくさらっとしたところ、何でいまごろ告白してくるのか、明日代休なんだから病院に行きなさいとお叱りを受け、本日耳鼻科へ行ってまいりました。

 

耳鼻科へ

運よく朝一の予約が取れたため、すぐに診察してもらいました。まず鼻の中に麻酔のスプレーを何度か噴射し、麻酔が聞いた頃に細いファイバースコープで鼻の状態を見ていきます。

鼻の断面図と共にモニタに映った自分の鼻の中を見ていきますが、鼻の入り口にある鼻毛が映った瞬間、ちゃんと手入れしなきゃな・・・と思ったり。

ファイバースコープが鼻の奥に進み、まずは膿が溜まっていて副鼻腔炎を起こしていないかチェックをしましたが、膿は溜まっておらずきれいな状態。そうなると嗅覚異常の原因は迷宮入りとなるようで、新型コロナウィルスが起因なのかはわかりませんが、嗅覚を司る神経に異常を来たしているという診断結果となりました。

 

そして処方された薬

診察した先生曰く、嗅覚異常に特効薬は無いそうで

20日分処方していただきました。この薬を飲み続け回復することを祈りたいと思います。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

▼過去記事もどうぞ。

www.kentaro-taro.com