40代新米パパのけんたろブログ

40代で結婚し父親となったけんたろが日々思うことを書いているブログです




息子が通う保育園が全面休園へ

さて、困りました。
先週木曜日、息子が通っている保育園からプリントが配られ、

「発熱の子がPCR検査を受けました。結果は金曜日か土曜日にわかります。新型コロナの陽性が確定した場合、保育園はお休みとなります」

と書かれておりました。

そのプリントをダイニングテーブルの真ん中に置き、夫婦ふたりで眺めながらこれはコンティンジェンシープラン(想定外の事態が起きた時のために、事前に定めておく対応策や行動手順)を練らなきゃならない時が来たと考えておりました。

私の仕事は完全リモートワークも可能。
妻の仕事もリモートワークで対応可能。

だからといって1歳になる息子を何時間も遊ばせておくわけにいかず、常に見ておく必要があるので、まずはお互いに出席するミーティングを洗い出しました。それぞれのミーティング中は別室に移動して、もう片方が息子を見るという役割分担としました。

スケジュールを突き合わせていると幸いお互いのミーティング時間は重複しておらず、なんとか役割分担ができそう。
あとは常に連携を取りながら柔軟にオムツ替えやお昼ごはん、昼寝などのタスクをこなしていこうというプランで合意。

そして土曜日を迎え、保育園から一本の電話が。
対象のお子さんは陽性と判明したため来週一週間は休園となりますとの連絡でした。これにより来週からコンティンジェンシープランの発動が決定。

と、その前に実は私の後ろに座っている同僚がコロナ陽性と分かり、私自身が会社の規定で土曜日から10日間の出勤停止・リモートワーク対応となり、私自身も感染したのではと妻から疑惑の目が向けられる事態となりました。

私自身が感染したらコンティンジェンシープランはどうなるのか、近くに住む私の両親にも依頼して一族総動員する必要があるのでは無いか、この土日は論戦が続きましたが、同僚と接触して5日が経過した日曜日の時点で私の体調に変化がないことから、予定通りコンティンジェンシープラン通りに1週間過ごすという結論となりました。


そして本日、月曜日初日。


密なコミュニケーション連携により、それぞれのミーティングや仕事のタスクにあまり影響を与えることなく息子を寝かしつけるところまで完了しました。ただ今日1日を振り返ってみると、横で息子を見ながら仕事に集中できるほど、私の集中力は高くないんだなと実感した1日です。


明日からもがんばろう。。

f:id:kentaro-taro:20220131234057p:plain
ちなみに2022年1月31日時点、保育園の全面休園は644か所(厚労省によると保育所は昨年4月時点で全国に2万3896カ所あるそうなので全体の約2.2%)だそうです。

www.asahi.com


ここまで読んでいただきありがとうございました。