40代で子育てを始めたけんたろブログ

40代で結婚し一児の父となったけんたろが子育てについて思いや家族について書いています。


最近のけんたろジュニア(2022年4月15日)

こんにちは、けんたろです。

新生児の頃からよく寝る子だったけんたろジュニアですが、1歳を過ぎた今でもよく寝る子です。

けんたろジュニアは朝から晩まで平日の5日間を保育園で過ごしていますが、帰宅する18時過ぎには疲れ切っていて既に眠気と格闘中な状態(保育園でも昼寝の時間になると自ら布団へ直行しているらしい・・・)

 

寝かせる時間から逆算して行動する

私が保育園の送迎担当の時にはけんたろジュニアを迎えに行く前に夕飯の準備をしておき、帰宅してすぐに夕飯を食べさせています。

その後、少し遊んだあと、19時にはお風呂に入り20時には布団へ連れていくというルーチンを確立しています。

 

その結果...

途中で起きることもなく朝6時半まで爆睡なけんたろジュニア。親としては夜に自分たちの時間を確保できるので非常に助かります。妻からは「スケジュールがきっちりしすぎて子どもと接する時間少なくない?」と言われてしまいますが...

このまま赤ちゃん返りせずに成長してくれるといいなと思います。

 

テレビを見ながら寝るけんたろジュニア。

f:id:kentaro-taro:20220415211302j:plain



ここまで読んでいただきありがとうございました。


過去記事もどうぞ。

www.kentaro-taro.com

 

狭い場所が好きな事を胎内回帰感というそうです

こんにちは、けんたろです。

最近けんたろジュニアはおもちゃ箱をひっくり返し、そのおもちゃ箱に入るという行為にハマっています。保育園からの連絡帳にも、

「けんたろジュニアくんは箱などの狭いものに入って外を走る車を眺めているのが大好きなようです。たまにそのまま寝てしまうことがあり起こしています」

と書かれており、どこかしこで箱に入るという行為に耽っているようです。


おもちゃ箱に入ってご満悦のけんたろジュニア。

f:id:kentaro-taro:20220413234519j:plain


確かに子どもは狭いところに入るのが好きだな、と思いました。

私も子どもの頃は段ボールを切り貼りして秘密基地を作り、弟とよく遊んでいた記憶があります。また、押し入れに入ってそのまま寝て親に怒られる、ということもあったなとセピア色の記憶を思い出しました。

 

狭い場所が好きな子どもの習性

この狭い場所が好きな子どもの習性は何だろうかと調べてみると、どうやら「胎内回帰感」という、お母さんのお腹にいるような懐かしくて安心する気がする場所のことだそうですね。

▼参照先

iko-yo.net


けんたろジュニアはおもちゃ箱という胎内で安心感を得ているんでしょうかね。
胎内回帰感、初めて聞く言葉でしたがなるほどと納得しました。

 

いろんなところへ胎内回帰

おもちゃ箱に飽きてけんたろジュニアはたまにソファーの下に潜ろうとするのですが、それは猫の毛が溜まっている場所でもあり、あまり安全な場所では無さそうなので止めさせていますが、なるべく行動を制限せず尊重して見守るようにしています。


ここまで読んでいただきありがとうございました。


▼過去記事もどうぞ。

www.kentaro-taro.com

 



猫と子どもの同居問題

こんにちは、けんたろです。

けんたろジュニアが生まれる前から我が家には猫が2匹おります。
黒猫のひじき(女の子)と茶トラのベル(女の子)という名前です。

 

 

写真はベルです。ひじきは警戒心が強く写真NG...

f:id:kentaro-taro:20220412204747j:plain

 

我が家の猫たちの性格

我が家の猫たちは穏やかな性格なので人を噛んだり引っかいたりすることは無いので、けんたろジュニアを懐妊したと分かった際にも特に心配をしていませんでした。

いざけんたろジュニアがこの世に飛び出してきた際にもひじきはお姉さん気質なせいか、まるで自分の子どもを見るかのように見守っており、構ってほしい性格のベルのほうがちょっとちょっかいを出してきてヒヤヒヤしたものです。

 

猫アレルギー問題

私の義理の弟さんは猫アレルギーが酷く、我が家に訪れる際には薬を飲んでこなければ来れないほどです。けんたろジュニアが生まれる際に猫アレルギーが無いか少し心配していましたが、現時点ではそういった症状もなく安心しました。

 

猫と過ごして1年

月日が経ち、けんたろジュニアが1歳を過ぎたあたりから猫を認識するようになり、ベルのことを「ベル」と呼んだり、自分の兄弟か仲間のように(はたまた玩具のように)追いかけることが多くなりました。

寝床でゆっくりしているひじきとベルに対してけんたろジュニアが駆け寄って、身体をモミモミするのが日課となっていますが、2匹とも嫌がることなく(我慢して耐えて)相手をしてくれています。

 

猫の粗相には要注意

ひじきとベルは毛玉を吐き出す粗相をたまにするので、その粗相をけんたろジュニアが触れないかは注意をしています。それ以外は猫と子どもの間で問題は起きておらず、安心して同居できているかなと感じています。


ベルと戯れるけんたろジュニア。ベルは迷惑そうな顔をしています・・・

f:id:kentaro-taro:20220412205908j:plain



ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

▼過去記事もどうぞ。

www.kentaro-taro.com

 

 

最近のけんたろジュニア(2022年4月6日)

こんにちは、けんたろです。
日々忙しく過ごし中々ブログを更新する機会に恵まれませんでした。

我が家のけんたろジュニア(1歳4か月は)やんちゃ盛りで、椅子を使いテーブルに上り、テーブルから床にダイブするというアクロバティックな特技を身に着け、対策に苦慮しております。

テーブルに登らせないためには椅子を使わせない、という発想の元、椅子を逆さまに置いて登らせ防止を図っておりますが、椅子を使う大人からすると非常に煩わしい限りです。

やんちゃなのは元気な証拠、と昔の人は言ったとか言わなかったとかよくわかりませんが、やんちゃな行為に対してなるべく怒らないよう見守ってはいるのですが、テーブルからのダイブは生命にかかわる危険な行為なので、さすがに強めに怒りました。

けんたろジュニアは怒られて大泣きをしたのですが、その後、何か悪戯をしようとするたびに大人の顔をチラ見するようになり、顔色を伺うような人間にならないか少し心配です。

一人遊びも得意なけんたろジュニア1歳4か月

ここまで読んでいただきありがとうございました。


テレビをつけっぱなしにしませんか?という疑問

f:id:kentaro-taro:20220311202542p:plain

子どもにはできるだけ時間を割いて絵本を読んだり、おもちゃで遊んだり
歌を歌ってあげたりしたいんですが、一方で家事もやらないといけないですし
会社からの急な電話に対応したりと大人の都合になるんですが、テレビを
つけっぱなしにして、子どもに見せてしまうことがよくあります。

幼児にテレビを見せることが良いか、悪いか、日本小児科学会では発達に
悪い影響を及ぼすということで非推奨のようです。

www.hakujyuji.com

 

一方でそれほど影響はないのではないかという意見もあり判断が難しいところ。

dual.nikkei.com

 

ずっとずぐっている子どもを放置して家事や仕事にとりかかるのは心苦しいですし
うーん、どうしたらよいのやら。。。
おかあさんといっしょやみぃつけた!などの幼児向けHK教育テレビを録画して見せたり、音量は控えめにしたり、ごはん中はテレビを消したり・・・と、試行錯誤をしています。


ここまで読んでいただきありがとうございました。