40代新米パパのけんたろブログ

40代で結婚し父親となったけんたろが日々思うことを書いているブログです




企業主導型保育園に入園できた話

企業主導型保育園に入園した経緯とメリット、デメリット。企業主導型保育事業,児童育成協会。我が家の子どもは企業主導型保育園に通園しています。

 

保育園の検討

妻が職場復帰を検討し始めたのは子どもが生後6ヶ月(2021年6月)になる頃で、0歳児を預かってくれる保育園を探しました。

なんとなく入園は4月からじゃないとダメなのでは無いか、来年まで待たないといけないのではと漠然と考えていましたが、調べてみると誰かが保育園を辞めて空きが出たというようなタイミングがあれば入れるということが分かりました。

ただ、自分たちが入園させたいタイミングと空きが出たタイミングが一致することは運任せで中々難しいかと思います。

そこでまずは自治体の保育担当の窓口へ相談することにしました。

窓口では担当者が保育園の概要や空き状況を丁寧に説明してくれて、自宅からかなり離れた場所であれば空きがある保育園がいくつかあるという情報を入手。

私たち夫婦の要望としては通勤途中に保育園に預けられる 自宅→→→駅 までの経路上にある保育園に入園させるのが希望で認可保育園や認可外、認証保育園(東京都のみ?)など種別は問いませんでした。

保育担当の方から提示された空き保育園は経路上からかなり離れた場所にあったり、駅とは逆方向にあったりとちょっと妥協しがたい条件でした。

 

悩みどころ...

自宅に帰り妻の職場復帰を延期させて来年4月まで待つか、他の選択肢が無いか二人で悩みました。

いろいろと考えている中で、私の勤めている会社が福利厚生の一環として「企業主導型保育園」を扱っていたような気がして翌日出社して総務担当者へ「企業主導型保育園」について相談をしました。

 

見つかった答え

総務担当者の話では企業主導型保育園とは平成28年から始まった内閣府管轄の新しい認可外保育事業で契約企業社員と地域住民の子女が優先的に入園でる保育園とのこと。
会社は社員からの要望を受けて企業主導型保育園事業者と協議して適切と判断した場合は契約締結をしてくれるとのこと。

 

企業主導型保育園とは

企業主導型保育園の詳細についてはこのページであまり深掘りしないので下記を参考にしていただければと。

参考:企業主導型保育所とは?特徴やメリット・ デメリットをわかりやすく解説
https://www.wel-kids.com/press/childcare-ict/pros-and-cons-of-company-led-nursery-school/


簡単にまとめると、企業主導型保育園を運営することは認可外施設にも関わらず国からの補助金を受けられるので保育事業者にメリットがあり、契約する企業側にとっても従業員の人材確保やが柔軟な働き方に対応できるので子育て世代にとっては大変ありがたい制度です。

#契約する企業側にデメリット(費用負担など)が無いのかちょっと確認できなかったんですがデメリットが無いのであれば積極的に対応していただきたいですね。

 

会社との交渉

会社の総務担当者曰く、10件ほどの保育園と契約締結しており契約締結済みの企業主導型保育園でかつ空きがあればすぐに入園可能とのこと。

しかし契約締結済みの企業主導型保育園は自宅近くになかったので自分で探すしかありません。

企業主導型保育園で検索すると、公益財団法人 児童育成協会が運営している「企業主導型保育事業ポータル」に企業主導型保育園を検索できるページがありました。
https://www.kigyounaihoiku.jp/report/nursery

こちらから自宅付近の企業主導型保育園を検索すると・・・数件ヒットし、その中から
通勤経路上に1件保育園がありました。

すぐにその企業主導型保育園へ電話連絡をしたところ空きがあるという回答で、夫婦で大喜び。
#勤め先との契約が成立するかどうかまだわからないのに。。


翌日になり、私は総務担当者へ該当の企業主導型保育園に入園させたいので契約ができないかと改めて相談しに行ったところ、総務担当者は保育園に連絡を取ってみるので待って欲しいという前向きに回答を得られたので待つことにしました。

数時間して総務担当者から「保育園の担当者に連絡を取った。空きはあるので埋まる前に契約を進めましょう」と非常にうれしい回答が(仕事が早くて素晴らしい)

 

企業主導型保育園との契約

契約締結に向けた条件として、
①まずは保育園の見学をして入園有無の判断を行うこと(必須とのこと)
②その後契約に必要な書類を貰ってきてほしい
③就労証明書が2通必要(保育園と自治体向け)と言われるので準備しておきます
が提示されたので
妻にはすぐさまLINEしてまずは①の見学を速やかに行って欲しいと伝えました。

数日後、妻が保育園を見学し入園を希望したいと改めて決めたので総務担当者に必要書類を渡して手続きを進めてもらいました。

自治体に就労証明書を提出するなどいくつかの手続きを経て契約手続きは完了。
3週間ほどですべて終わらせてくれた担当者の方々には感謝です。

 

最後に

企業主導型保育園の保育料について、そもそも企業主導型保育園に限らず保育料がどう決まるかは自治体によって条件が様々で世帯年収や就業時間などで変わってきます。

しかし企業主導型保育園は前述にも出ていた通り国からの手厚い補助金があるせいか、保育料がかなり抑えられると考えて良いと思います。

私たちが通っている企業主導型保育園の保育料も一般的な認可保育園に通った場合の保育料の半分以下となっており、家計的にも大変助かっています。

認可保育園並みの施設、教育内容で保育料が安い企業主導型保育園の認知が広まればよいなと思います。

企業主導型保育園に入園できた話

ここまで読んでいただきありがとうございました。

平野歩夢選手と私の偶然

私の第2の故郷の話です。


出身地が東京都の私には帰る故郷がなく、周りの人たちが「帰省する」という話を聞くと羨ましく思っておりました。


母方の祖父母も私の実家の近くに住んでおり頻繁に行き来をしていましたが、祖父が60代後半早々に仕事を引退し、祖母の生まれ故郷である新潟県村上市に移り住んで悠々自適な生活をはじめました。


子どもの頃、夏休みは決まってこの祖父母が暮らす新潟県村上市に一家で帰省していました。


関越自動車道を走り、関越トンネルをくぐると新潟県に入る。そこからさらに北上して山形県に近いところに村上市はあります。祖父母の家は日本海に面した平屋の一軒家で海水浴場まで徒歩2,3分という素晴らしい立地でしたので帰省している間、朝起きては海で遊んで、お昼ご飯を食べてまた海で遊び、夕方になると夕日の見える公園を散歩して素晴らし夕暮れ時を満喫するという日々を過ごしていました。


この写真は数年前に岩船夕日の森 森林公園で撮った写真です。

新潟県村上市 岩船夕日の森 森林公園


その海水浴場のすぐ近くに温水プール施設があり、何度か足を運んだことがあります。なぜ海の前にプールがあるのか子供心にも疑問に思っておりましたが、その後、施設の老朽化か利用者減少なのか理由は定かではありませんが、温水プールは閉鎖され施設が放置されました。


大人になってからも祖父母が暮らす村上市への往来は続き、しばらくして祖父が亡くなった後も祖母が一人で暮らす家に帰省するというのが私の両親や兄弟たちの年間イベントとなっておりました。


Sponsored Links
 



しばらくして2014年に開催されたソチオリンピックで男子ハーフパイプ競技において平野歩夢選手が日本人最年少で銀メダルを獲得したというニュースが入ってきました。テレビでは平野歩夢選手の生い立ちが紹介され、新潟県村上市出身であると知り、私の第2の故郷からスターが出たんだなと親近感が沸き、わくわくした記憶があります。


またその平野歩夢選手が夏の間に練習をしていた日本海スケートパークという施設は私が子供の頃に足を運んだことのある温水プール跡地(もしかしたら場所が少し違うかもしれませんが)にできた施設だと知り、さらに驚きました。


そんな平野歩夢選手は2022年2月11日に行われた北京オリンピックスノーボード男子ハーフパイプ競技で金メダルを獲得、平昌オリンピックにつづいて冬季オリンピック3大会連続メダル獲得という偉業を成し遂げて新潟県村上市を代表するスターに。


これからも平野歩夢選手を応援していきたいと思います。


ここまで読んでいただきありがとうございました。

1歳児と夫婦同時リモートワークの難しさ

先日のブログでも少し触れましたが、息子が通う保育園でコロナ陽性者が出て、かつ、私たち夫婦もコロナ陽性となったため、息子は2週間保育園に通うことが出来ませんでした(晴れて明日月曜日から登園可能となります)

 

1歳児と夫婦でリモートワークの両立方法

世間では「夫婦でリモートワークできる仕事ならば交代で子どもの面倒見ればいいじゃないか」という声もありますが、こちらの言葉が通じず言い聞かせができない1歳を放置してリモートワークに専念することは非常に大変でした。

f:id:kentaro-taro:20220213144129p:plain


まずは夫婦お互いに出席する必要のあるミーティングを洗い出し、また、タスクに集中する時間帯もgoogleカレンダーに登録して夫婦で共有しました。重複しているスケジュールについては話し合って優先順位を決めます。

 

結局はコミュニケーション、チームワークが大事

そうして業務開始となるんですが、スケジュール通りスムーズに行くわけにはいかず、息子がぐずったり、夫婦どちらかに急な電話が掛かってきたときは柔軟に役割を交代したりと、相当な調整力・チームワーク力が要求されました(仕事と同じですね)

 

万が一に備えて

背に腹は代えられないと思い、ベビーシッターを派遣する会社にも電話して概要を聞いたこともありました。コロナ禍ということもあり、注文が殺到していて空きがほとんどないことと、金額が恐ろしく高額だったこともあり(確か1日で2万円以上したと思います)諦めました。ただ、今後どうしても必要な場面が出てくることもあると思うので、会員登録だけは済ませておきました。

 

家事の省力化も推進

家事についてはできるだけ省力化するため、食洗器やお掃除ロボット、スケジュールによる照明のオンオフなどを導入、これには助かりました(ここら辺の詳細は後日)

 

経過報告

こうして2週間経ちましたが、私の業務はあまり捗らず息子が寝静まった夜や土日に遅れを取り戻す作業を行い、それは妻も同様。いかにやらないことを事前に決めておくか、という点が重要かなと思いました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

▼過去記事

www.kentaro-taro.com

 

新型コロナウィルスは風邪のようで風邪ではない

インターネット上ではさまざまな方が新型コロナウィルスの症状を報告していますが千差万別のようですね。私の症状はどちらかというと軽いほうだと思いますが履歴を残しておきたいと思います。

 

目次

 

2022年2月2日(水)


・7:00起床。喉のイガイガ感が気になったが乾燥した室内のせいだと思い、気にせずリモートワークで業務を遂行する(後ろに座っている同僚が陽性判定となったため1月31日からリモートワークを継続)

・14:00頃。昼食後の打ち合わせ中に悪寒がしてくる。体温計で熱を測るが36.5度で平熱だった。

・17:00業務終了。

・18:00頃。悪寒がひどくなってくる。熱を測ると37.8度を記録。これは新型コロナウィルスに感染したんだなと確信する。東京都発熱センターに30回ほど電話をかけるも全く繋がらず諦める。

・23:00頃。悪寒がひどく布団に入っても全然温かく感じず眠りにつけない。

・26:00頃。寝たり起きたりを繰り返す。熱を測ると38.5度を記録。

2022年2月3日(木)


・7:00起床。いつの間にか寝ていたよう。まるで窓を全開で寝てたんじゃないかと感じるぐらい寒さを感じる。熱を測ると38.5度を記録。

・8:30頃。会社には新型コロナウィルスに感染した可能性があると連絡。

・8:45頃。かかりつけの耳鼻科へ発熱外来の予約電話を掛け続けるがつながらず。おそらく100回ぐらい掛けた。

・11:00頃。東京都の 診療・検査医療機関の一覧 東京都福祉保健局 から、近所の別の耳鼻科が発熱外来をしていることを発見し、電話を掛ける。5回目ぐらいで繋がり、夕方の枠が空いているという奇跡的な回答を得られ安堵する。

・16:30頃。予約した耳鼻科へ徒歩で移動する。悪寒と数十年ぶりの38度台の発熱により意識が朦朧としながら歩く。

・17:00頃。診察開始。抗原検査キットしか在庫がないということで、医師が検査キットを使い鼻の粘膜から対象を摂取。検査結果がわかるまで個室で待機させられる。私の前に2人ほど検査待ちの方がいたが、二人とも「陽性」と告げられて「ですよねぇ」といった表情で説明を聞いていた。

私の検査結果も勿論「陽性」と判定された。同時にインフルエンザも検査できるキットで検査したとの事だが、この時期にインフルエンザになるのは宝くじに当たるより難しいんじゃないだろうかと。

一般的な風邪薬をとりあえず全部処方してみた、みたいな処方箋を渡されて8,000円近く費用を請求され、現金で支払いを終えて帰宅する。

寝室に閉じこもり妻にはLINEで「陽性なので近寄らないように」と伝える。
陽性になった旨を会社の人間へ報告。

 



2022年2月4日(金)


・寝て過ごす。14時過ぎに保健所から「HER-SYS IDのご連絡」というショートメールが届く。HER-SYSサイトへの誘導は無く、療養についてもHPを確認するようにというシンプルな内容だった。

・同時に厚生労働省からもショートメールが届く。接触確認アプリCOCOAに登録しなさいという内容。早速登録を済ませる。

・保育園、両親など各所へ連絡を入れる。

・喉に違和感を感じるものの水が飲めないほど痛いといった感じでは無いが、空咳が続いて体力が削られる。熱は38度台と37度台を行ったり来たりする。

・妻も喉に違和感を感じるようになる。子どもは至って元気。

・保健所から個別の連絡は無く、自宅療養せよということなんだろうと判断。自ら東京都の自宅療養者フォローアップセンター(自宅療養者フォローアップセンターから健康観察を受ける方へ 東京都福祉保健局)に電話し、配食とパルスオキシメーターの手配を行う。

 

2022年2月5日(土)


・熱は36度台後半で落ち着く。空咳は続く。木曜日に診察を受けた病院より状態はどうかと連絡が掛かってきたため症状を伝えて電話を切る。

・妻がかかりつけ医で陽性と判定。37度台の微熱と頭痛の症状は私に比べてかなり軽い。

2022年2月6日(日)


・区より配食支援物資が到着する。レトルト食品やごはんなど非常にありがたい。辛子明太子パスタの元は喉に刺激的ではないだろうか。。

・熱は36度台から変わらず平熱となる。空咳も落ち着き体調は正常な状態に近くなる。支援物資のレトルトカレーを食べた際に味の感覚がないことに気づく。嗅覚が失われて塩味のみ感じるだけの体となってしまう。鼻が詰まっているわけでは無いのに嗅覚がしない。これがコロナ後遺症というものなのかと。

・コーヒーもただの水に感じる。視覚によってコーヒーと認識しているが味はしないので脳内が混乱を起こしている。

 

2022年2月7日(月)


・嗅覚以外の体調は正常に戻っているのでリモートワークに復帰する。

・妻もリモートーワークとなる。妻は嗅覚が失われることなく正常に戻っている。

・全面休園がつづく保育園。妻と交互に打ち合わせの時間をずらしながら子どもの相手をする。

・東京都からの配食支援物資が到着する。質の区、量の都、といった感じ。カンパンと水って、、、災害支援物資かなこれは。

 

2022年2月10日(木)


・嗅覚の完全復帰はまだかかりそう。

・会社の産業医とリモート面談し、完全に体調が正常に戻ったこと等を報告して来週からの職場復帰が承認される。

・また東京都からの配食支援物資が到着する。大量のカンパンと水の置き場所に困惑する。どこかに寄付できないものか。。

・なんとか1週間が終了。

 

最後に

・結局、保健所からの個別連絡は無かった(妻には毎日来ていたのに・・・)

・毎日まじめにHER-SYSへデータを入力していたため、その傾向から問題なしと判断されたのか。何かしらのフィードバックが欲しいところ。

f:id:kentaro-taro:20220210225147p:plain

ここまで読んでいただきありがとうございました。

私自身が新型コロナウィルスに感染しました。

先日、保育園が休園となった記事を投稿しました。

 

www.kentaro-taro.com



その後、2022/2/2水曜日の午後から体調に異変を感じ(悪寒、発熱なし)、リモートワークは早々に切り上げたんですが、翌日38度を超える発熱、病院で医師による抗原検査を受けたところ陽性と判定されました。


2022/2/6日曜日時点ではだいぶ体調は良くなりました。細かい経緯は後日まとめようと思いますが取り急ぎの報告。

f:id:kentaro-taro:20220206114420p:plain