40代新米パパのけんたろブログ

40代で結婚し父親となったけんたろが日々思うことを書いているブログです




最近のけんたろジュニア(2022年6月13~20日)

こんにちは、けんたろです。

 

最近のけんたろジュニアということで、1歳6か月になった先週2022年6月13~20日の出来事を思い出しながら書いていこうと思います。

 

けんたろジュニア、風邪が長引く

夏風邪なのか、6月の頭ぐらいから鼻水と咳がつづいていて小児科で処方された薬を飲んではいるものの中々完治しない。毎日保育園に提出しているノートに飲んでいる薬を手書きで書く必要があるのですがかなり面倒。保育園への出欠連絡や延長保育の依頼などはスマホのアプリで完結する仕組みで、これはすごく助かっているのですが、日常の記録は手書きのノートというのが何とも言い難い。

 

あちこち怪我するやんちゃさは変わらず

今の季節、保育園の園庭で泥んこ遊びをしているのですが、毎日のように保育士さんから「ちょっとぶつけまして・・・」という報告を受ける。やんちゃなぐらいが良いと妻も私も考えているので、特に気にはしていませんがいつか大怪我しないかが心配。

 

なかなか言葉を発しない

「どうぞ」や「はい」といった挨拶程度の単語は発するものの、まだ5語程度の発音に留まっている。なかなか意味のある言葉を離さず少し心配にはなるものの、こればかりは個人差もあるのでもう少し見守ってみようと思う。「ここに置いて」「これ取って」といった大人の言葉は理解して行動に移しているので問題はないかなと思う。

 

積み木を重ねるのがマイブーム

積み木を掴み、倒れないようそーっと何段も重ねて遊ぶというのを何度も繰り返すけんたろジュニア。最近のマイブームのようで何段まで重ねられるか挑戦をしている。3段までが限度なようで4段目で倒れ、何度も失敗するとイライラして積み木をぶん投げるという短気さも見せる。

 

しまじろう信者になる

我が家はベネッセのこどもちゃれんじに加入し幼児教材が定期的に届きます。子ども向けのおもちゃを選ぶときに何を与えればよいのか、判断に迷うぐらいならば長年子どもの教育に向き合ってきたプロフェッショナルにお願いしたほうがよい、と思いこどもちゃれんじに加入した次第。

けんたろジュニアのお気に入りは、こどもちゃれんじのメインキャラクターである「しまじろう」のマペット。肌身離さず寝る時も布団に連れて行きます。日本に住む子どもはすべからく「アンパンマン信者」になると聞いていましたが、我が家のけんたろジュニアはしまじろう派なようです。



ここまで読んでいただきありがとうございました。

「あの頃みたいに、インターネットに書き続けよう」を読んで

こんにちは、けんたろです。

 

週刊はてなブログさんの記事「あの頃みたいに、インターネットを書き続けよう」を見てふと自分のブログ史(ホームページ史)を思い出したので綴ってみようと思いました。

blog.hatenablog.com

 

 

私がインターネットに最初に触れたのは18歳ぐらいだったと思います。

 

 

小学生の頃からパソコンに触れていた私は高校生ぐらいの頃からインターネットの存在について認識はしていたんですが、プロバイダーの契約や通信料(従量課金)などの問題があって高校生には敷居の高いものでした。

 

 

1995年にテレホーダイ深夜早朝の時間帯(23時から翌日8時まで)のみ指定の電話番号への通信料が月額固定になるNTTの料金プラン)が始まったので、バイト代でテレホーダイの料金を払うという条件で両親を説得し契約をしました。

 

 

当時はじめて契約したプロバイダーはぷらら(現在のNTTぷらら)でした。他のプロバイダーに比べて料金が安かったと記憶しています。

 

 

毎日23時ちょうどからダイアルアップ接続でプロバイダーにつなげてネットの世界へダイブすると日課が始まります。あらゆる面で未整備だったインターネットの世界で私はホームページを開設して雑多な日記を書き、CGIで組んだ掲示板で会話し出会った人たちとオフ会を開催するといったことをしていました(ホームページへのアクセス数はそれなりにあったと記憶しています)

 

 

なんでもできるキラキラしたインターネットの世界でしたが、金融機関に就職して多忙を極める日常を送っていく中で日記やホームページの更新は疎かになりやがて閉鎖をしてしまいます。ゆびとまミクシィなどSNSの走りが出てきたのもこの頃で、自分の日記やホームページに代わるコミュニケーション手段が出てきたのも一因かと思います。

 

 

それでも時々起る「日常を綴りたい」という思いから、ブログを立ち上げては閉じるということを何度か繰り返していましたが、現在も勤務している「インターネットを生業としている」会社へ30歳を過ぎて転職した際には、プライベートの時間ぐらいはパソコンの前から離れようという思いからか、友人との会食などリアルな時間が優先されました。

 

 

なんでわざわざインターネットの世界に自分の思い綴った日記を書いて公開するんだろうか・・・承認欲求?見てほしい?うーん、人によって理由は様々ですけど、私は単純に文章を書いて頭の中から情報アウトプットすることですっきりさせたいのかなと思います。

 

 

40歳を過ぎてはてなブログを再び始めたのも、家族を持ち人生で守るものが出来て日常の思いをアウトプットしておけばふと「あの時、息子とどう過ごしたんだっけ。どういう気持ちだったんだろ」とブログを書いていた時期の気持ちを思い出して懐かしい気持ちに浸れるかなと考えたからです。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

【おしらせ】ブログ名変更とデザインリニューアル

こんにちは、けんたろです。

 

更新が滞っていたのでブログ名称と一部デザイン(背景色、プロフィールのアイコンなど)をプチリニューアルしました。

 


■ブログ名

変更前)40代で子育てをはじめたけんたろブログ

変更後)40代新米パパのけんたろブログ

 

 

これからも不定期に更新をしていく予定ですのでよろしくお願いします。

 

 

ちなみにツイッター@kentaro_junior)もきまぐれで投稿しています。

メルセデスベンツに乗りたいけんたろジュニア

こんにちは、けんたろです。

 

今日は18時に会社を出てその足でジムへ向かいます。ジムでは高負荷をかけたトレーニングを行い、精神的肉体的に追い込みをかけます。トレーニングが終わった直後は、もう二度とやるもんかという気持ちになるのですが、身体が明らかに変化してきているのを鏡で見ると、もう少し続けてみるかと気持ちが切り替わります。

 

そんなジムでのトレーニングを終えて最寄りの駅まで歩いていると、妻から一通のLINEを受信。そこには、

 

「けんたろジュニアはメルセデスベンツに乗りたいそうです (^^) 」

 

と一言。

うーん、そんなのお父さんも乗りたいわ。


我が家には自家用車が無く、車が必要となる用事が発生する際にはレンタカーやカーシェアを利用しているので、けんたろジュニアと生まれてくる2人目が大きくなる頃には車を持ってもいいかなと漠然とした考えはありましたが。

 

で、事の真相を妻に確認したところ、ポストに投函されていたメルセデスベンツのチラシをけんたろジュニアがまじめな顔で眺めていたそうで、これは乗りたいという意思表示だ!ということでLINEをしたとのこと。

 

保育園の送迎でけんたろジュニアの様子を見ていると車や自転車が横を通り過ぎる際に興味津々な表情で見つめるので、乗り物が大好きなんでしょうね。というかなんで男の子は乗り物が好きなんでしょうね。

 

気になったので「男の子 乗り物 好きな理由」で検索してみるとひとつのサイトにたどり着きました。そこには、

もう1つの説明は,男の子と女の子の生物的な差によるものだというものです。これはホルモンや脳の構造上の違いから説明する立場です。1歳の乳児に人の顔や車の映像を見せると,男児は女児より車を,女児は男児より人の顔を見る時間が長かったという報告(Lutchmaya & Baron-Cohen,2002)があり,かなり早期の段階から,ものへの興味の示し方に男女差があるようです。さらに,先天性副腎過形成のために胎児期に過剰にアンドロゲン(男性ホルモン)を浴びた女児が,男児のような遊びの好みを示すケースが多いなどという報告から,生物学的な要因も関係していると考えられます。しかし,ホルモンや脳の構造が,子どもの玩具や遊びの好みにどう影響するのかその仕組みそのものは,現在の科学ではわかっていません。


日本心理学会 https://psych.or.jp/interest/ff-30/ より転記


現在の科学を以てしてもわからないとのこと。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

保育園お迎えまで残り15分...

 

「保育園お迎えまで残り15分...」

 

こんにちは、けんたろです。

私は週に2、3日自宅でリモートワークをしていますが、リモートワークの日はけんたろジュニアの保育園送迎担当です。

 

8時過ぎには預けて、18時には迎えに行かなければいけないので17時過ぎには仕事を切り上げてお迎えの準備をしています。

 

ところが今日は17時頃にお客様から急ぎの依頼が舞い込んで来て、15分あれば対応できるだろうと着手をしました。

 

こういう時に限ってなんですが、依頼作業がうまくいかず、エンジニアを招集して対応しなければいけなくなってしまい、お客様の依頼にすぐに答えられないという焦りと保育園のお迎えに間に合うんだろうかという不安から鼓動がと早くなりました。

 

すぐにエンジニアを招集し、いつも以上に的確な指示を出してなんとか17:30には間に合いそうな希望の光が見えていました。が、、17:30になってもなかなか完了せず、希望の光は消え去り、また闇の中へ。

17:45になり、

「保育園お迎えまで残り15分...これは保育園にお迎え延長依頼を出したほうがよいのでは」

と考え始めました。

 

 

 

 

お客様からの依頼作業とお迎え延長依頼と依頼依頼で頭が混乱しはじめた17:50。なんとか依頼作業が完了し、成果物をお渡しすることができ、18:00の保育園お迎えに間に合いました。

 

けんたろジュニアを連れて家に帰り、変な汗が出る焦りと緊張、そしてミッション完了後の解放感、この1時間で頭をフル回転してグッタリしてたとき、ふともう一つ大事な今朝妻から与えられたミッションである

 

「けんたろジュニアを迎えにいった帰りに牛乳買っておいてね」

 

を忘れていたのを思い出して、けんたろジュニアを連れて再び家を出たのでありました。。。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。